☆心がホワホワ☆

石津園


「こんにちは~~~
「こんにちは~」

昨年度から北川原公園で時々お会いしていたお母さまと
一歳半のお友だちと、うさぎ組のステキなお話




保「こんにちは~~~」
ママさん「こんにちは~~」
子ども達「こんにちは」「こんにちは~」

保「一緒に遊んでくださ~~い」
子ども達「一緒にあそぼ~」「一緒にあそんでください~」

保「お砂場のオモチャもあるから良かったら使ってね~」
子ども達「オモチャ良かったら使ってくださ~い」
    「ここにありますよ~」「オモチャあるですよ~~」

お母さまもニコニコと来てくださり砂場で合流


カップに砂を入れたり、ゴクンゴクンとジュースを飲む真似をしたり、
バケツを持ってお買い物したり




少しずつ一歳半のお友だちと子ども達の心の距離も物理的な距離も近づいて
帰る頃には仲良しに

オモチャをしまう時には、「ないないないない」と言いながら進んで
片付けていたお友達に刺激をもらったり




公園を出発する前のおたのしみ絵本タイムになると・・・・
子ども達「ココおいで」「絵本はじまるよ」「絵本見る?」と
優しく声をかけていたのです
絵本を見ている時、手を握ってあげている子も

『○○って声をかけてあげようか』『△△って言ってあげて』なんて言わなくても、
子どもたちの中に ちゃーんと人を想う優しさが芽生えているんだな~と
実感しました

地域の方とのかかわりの中で、子どもたちも担任も学ばせてもらうことが沢山あります。
ありがとうございますの気持ちでいっぱいです