childcare policy
保育方針

外遊び
保育理念

子ども達は、無限の可能性を秘めています。その可能性を少しでも多く引き出すためには、子どもの目線に立ち、共感しながら一人ひとりに応じた保育をすることが必要です。
私たちは、常に子どもに寄り添い、子どもから学ぶ姿勢で接していきます。
子ども達が自ら発想し楽しむ遊びは、生きていくうえで基本となる強い心と丈夫な身体を作ります。
そして、お友達や周りの大人と関わりながら、集団でのルールを知り、助け合うことの大切さをわかっていくのです。また、子ども達が保育所で生活を送る上で、ご家庭との連携はもっとも大切なことと考え、日頃から子どもの様子を伝え合い、話し合いながら、保護者の方と共に成長を見守っていきたいと思っています。

園の目標


保育の基本方針

(1)人との関わりを大切にした保育(社会性を育む)
保育所では、保育士との関りを初めとして、様々な人との出会いや関わりを大切にすることで、世の中にはたくさんの人がいて、様々な考え方があり、そして自分も社会の一員だということを子ども達が自覚することが大切です。
そして、その中で人の役に立てることに喜びを感じるようになるのだと思います。

(2)子どもの主体性を育てる保育(自立・自律を育む)
主体的な活動をする子どもとは、「やらされる」「受け身」「指示待ち」の子どもの対極にあり、自ら課題を見つけ、自ら考え行動する子のことです。そのためには、自ら環境に働きかけることをしなければなりません。
そして、その環境をデザインするのが保育者です。
やってあげるのではなく、それぞれの子どもの違いを認め、それに寄り添い、見守ることで子ども達の発達が保障されます。

(3)一人ひとりの特性に応じた保育(個性を育む)
個々の発達や成長をしっかり見つめ、それを丁寧に保障していくこと、子ども一人ひとりの興味や関心、課題などを把握し、保育することを大切にします。

園の特徴


お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください
電話 054-266-5461
営業時間 9:00~17:00